英語が出来る人材

Education

留学で自分の視野を広げたい。

日本は、2020年にはオリンピック、パラリンピックのホスト国です。その日を目指してアスリートが励む様に、語学に取り組んでいる大人もたくさんいます。グローバル化の進んだ現在、広い視野から物事が考えられる人になりたいものです。母国語の他に言葉が出来れば世界が広がります。英語は今や国際語でコミュニケーションのツールです。テレビなどで報道されるインタビューでも、英語圏ではない外国人が英語でインタビューに応えているのは、とてもフレンドリーな雰囲気が伝わります。観光立国を目指す日本に多くの外国からの旅行者が訪れています。街角で気楽な交流があれば、楽しいものです。そこで、会話スクールに通うのもよいのですが、語学の留学を考えてみましょう。

大学の語学コースに願書を提出する。

アメリカの大学には、英語を母国語としない人のためのコースがあります(ESL)。教育のための資格を持った専任の講師の指導を受けます。何歳であっても年齢に関係なく完全に学生時代に戻れます。学生の街に留学して、タイムスリップして青春時代を楽しむのも素敵です。留学のための手段としては、直接大学に願書を申し込めば必ず郵送してもらえます。大学の住所はネットでも調べられます。ESLのコースは多くのアメリカの大学にあります。留学している知人にESLコースの願書を頼むのもよいでしょう。手助けをしてくれる業者に依頼することも可能です。短期の語学留学ならば、ビザの心配もありません。留学で何物にも変え難い素晴らしい経験が得られます。